♪こんにちは赤ちゃん♪も中年へと成長いたしました。
好奇心旺盛で新し物好き・でも古い物も大好きな昭和女。
なつかしの音楽に乗せて自分史も思い出してみようかな。
知らない人にも教えてあげたいわ、この歌・テレビ!
ただし、私個人的な主観ですのでご了承を(^^)v

あーぁタイムマシーン、本当にあればいいなに・・・

2007年06月01日

Deepディープ/ 男性アイドル・このインパクト(3)-2




所詮一般庶民の素人の私が偉そうに心配しなくても、
哲平様サイドはちゃ〜んと思索を練っておられた。(当然)

'78の夏、哲平様は弾けたexclamation×2


新曲CDDeep・ディープ』をひっさげて。
(昭和53年(1978)7月10日発売)


これぞ、哲平様の決定打exclamation×2



まるで、前年の太川陽介様と同じ衝撃ではないかわーい(嬉しい顔)


最初から戦略だったのか、それとも路線変更なのか。
"若さ"と"夏"を掛ければ、必然的に開放的な作品になるのはわかる。

やっぱり最初はビックリしたどんっ(衝撃)


イントロが始まった途端からだあせあせ(飛び散る汗)


るんるん歌詞はこちら


腕をL字に曲げてバタバタしたり(子供のお風呂のおもちゃみたい)、
両人差し指をツンとたててチョコチョコステップ?したりして、
かなりのオーバーアクションで踊っている哲平様を見て私は・・・ちょっぴり苦笑してしまった。


哲平ー(長音記号1)


'80年代アイドルまでの歌には、女性コーラスが入った歌も多いけど、


♪Deep  (ディープ!)
♪青い海 (うみうみ!) 

♪Deep (ディープ!)
♪ヨットから(からから!)


・・・からからって(苦笑)
単語の末だけを追っているコーラス、学校ですぐ受け狙いのネタになるじゃん。


さすが都倉俊一先生の作品だひらめき
どこか山本リンダ様の『どうにもとまらない』を彷彿させるのは気のせいではない?


「何じゃこれ?」と最初は思っても、これぞ♪深みにハマル罠♪


かわいい『deep』動画



短髪だった髪を伸ばし、
それからの哲平様は王道のアイドル路線へ。


たのきんトリオが出現する前までは、
川崎麻世様と共に若手ピンアイドルとして大健闘された。


この年の年末は新人賞も受賞し、所属事務所のサンミュージックは前年同様ホッとしたことだろう。


私の気持ちの方はどうなったかというと、
やっぱりルイルイ陽介様の時と全く同じ気持ちに変わっていった。
自分のアイドル像とはズレてきたけど、応援はするよ!って感じ。


哲平様がブレイクして喜ばしいのだけど、
個人的には短髪で踊らない硬派な哲平様の方が良かった。


ヘアスタイルがロングになったことで前より濃いルックスが強調され、
ちょっと体型がふっくらされたのかもしれないが、
短髪の時には目立たなかった頬の張りが強調されて見える。
(その頃にファンだった人、ごめんなさいm_ _m)


同じ時期にテレビCMに出ていた2代目バスボンガールBIBI様のお二人の内、
お目々のクリッとした早坂章代
哲平様と重なって見えて仕方なかった。


早坂様はゴルフが得意で、後に神田正輝様と噂のなったことのある方。
モデル出身だから当然きれいなお方なのだが、
エラの張り具合といい、眉・目元といい、哲平様とは親戚なのではないかと思えた。


そういえば、哲平様のお母様はテレビで拝見したことあるけど、きれいなお方だった。
哲平様はお母さん似だろうな。
妹様はどっち似だったかしら。


〜〜インパクト(3)-3に続く


banner_02.gif


posted by いくらどん at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | '70年代邦楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。